空き家を売りたい方へ|空き家・空き地の有効活用空き家ラボ

空き家ラボ
お問い合わせ0120-857-301 9:00~18:00 定休日:日・祝

空き家を売りたい方へ

空き家ラボの空き家売却

空き家を所有することで生じるさまざまなお悩みを解決する方法として、売却するという選択肢もあります。平成27(2015)年から施行された「空き家特措法(空き家対策特別措置法)」では、これまで建物がある土地の固定資産税は1/6に軽減されていましたが、これが撤廃されます。この機会に維持管理費用を支払っていた物件を手放して現金化することも、ひとつの有効活用です。

空き家を売却したい方をしっかりサポート!

空き家を売却したい方をしっかりサポート!

空き家ラボは埼玉県の鶴ヶ島や川越、坂戸などを中心に、長年にわたり不動産業も営んでおり、空き家の売却に関するさまざまな知識や情報を持っております。
地方自治体によって危険な空き家の対処法はさまざまで、建物を解体する費用の助成や補助があるケースも少なからずあります。これは各自治体によって異なりますので、所有する物件がある地方自治体へ確認することが大切です。埼玉県鶴ヶ島市の近隣市町村での空き家に関する法令などは熟知しており、売却をご検討中なら、まずはお気軽にご相談ください。

売却時のポイント

平成27(2015)年5月から完全施工された「空き家対策特別措置法(空家等対策の推進に関する特別措置法)」で、空き家を所有することにリスクが生じ始めています。危険な空き家を所有しているならしっかりと対策を!

売却時のポイント

空き家を売却するにあたり、気をつけたいのが、空き家になってから売却までの期間です。住む人がいなくなってからは、建物の老朽化が進みやすいこともありますが、空き家になってから3年以内(3年目の12/31まで)に売却できれば、税制上の優遇措置があるからです。具体的には不動産売却で得た譲渡所得から、最高で3000万円の控除が受けられる特例があります。売却益が3000万円以下なら、その譲渡益に関して所得税は課税されないのです。

また、空き家のまま相続すると、相続税が高く計算されます。他にも、地域によっては都市計画税が課税されることもあるため、十分な注意が必要です。このように空き家に関するさまざまな法令状、税制上のルールを知って、その後のデメリットを最小限に抑えた売却を行えるようにする必要があります。

空き家売却のメリット

  • 売却益が出る
  • 維持管理費や固定資産税が必要なくなる
  • 手入れや管理の煩わしさがなくなる

空き家売却事例

事例

  • 事例
  • 事例
  • 事例
  • 事例
  • 事例
  • 事例
  • 事例
  • 事例

お問い合わせ
トップへ戻る