太陽光発電×空き地ビジネス|空き家・空き地の有効活用空き家ラボ

空き家ラボ
お問い合わせ0120-857-301 9:00~18:00 定休日:日・祝

太陽光発電×空き地ビジネス

太陽光発電×空き地ビジネス

空き家対策特別措置法(空き家特措法)」の施行により、老朽化が進んだ建物の解体をご検討中の方も少なくないと思います。家屋を解体後の土地の有効活用として提案したいのが、空き地に太陽光発電システムを設置することです。

遊休地に太陽光発電システムを導入して資産活用!

遊休地に太陽光発電システムを導入して資産活用!

空き家ラボは、外装工事業から事業をスタートし、2009年からは太陽光発電システムの販売・設計・施工を主力事業としてまいりました。また、空き家のリフォーム不動産売買にも関わることから、さまざまな視点でお客様の資産活用のお手伝いができます。現在お使いでない空き地や休耕地をお持ちの方、空き家を解体して空き地にしようとお考えの方は、ぜひ当社へご相談ください。

空き地にも太陽光発電で働いてもらう時代です!

き地にも太陽光発電で働いてもらう時代です!

太陽光発電システムは、2012年からスタートした「再生可能エネルギー発電の全量固定価格買取制度」により、広く普及してきました。太陽光発電普及のため、電力の買取価格が高めに設定されて、20年間の固定価格ですので変動する不安もなく、安定した収益が計画的に見込めます。

初期投資やメンテナンス費用を考慮しても、太陽光発電システムの導入は非常に将来性のある魅力的なビジネスだといえます。何にも活用されていなかった空き地・遊休地・休耕地、空き家解体後の土地など、所有しているだけで維持管理費用が発生する資産を有効活用することになります。

空き地に太陽光発電を導入するメリット

事業用として区別される10kw以上を例に考えると、次のようなメリットがあります。

  • 平均10%以上と、他の投資商品と比較して非常に高い投資利回り
  • 発電した電力は固定価格で買取される
  • 固定価格での買取は20年間約束されている
  • 約10年で初期費用は回収可能(条件により異なります)
  • その後の10年の売電はすべて収益になる(条件により異なります)

空き家ラボでは、これまで多数の太陽光発電システムを販売・施工してきた経験から、お客様が導入したい土地の立地条件に最適な提案が可能です。住宅用だけではなく、産業用太陽光発電、営農型太陽光発電などの施工にも豊富な実績をもっています。ご興味がある方は、ぜひ当社の太陽光発電についてご紹介している事例をご覧ください。

お問い合わせ
トップへ戻る